大手の人事に勤める私のブログです。ブログテーマは家づくり、子育てハック。人事ネタはちょっとだけ。

大手の人事

子育てハック

子供の運動会にビデオカメラを!Panasonic HC-V360MSをレビューします。

投稿日:

こんにちは、子育て中のサトツです。

今回は子育て関連商品レビュー記事です。

タイトルの機種Panasonic HC-V360MSを購入しましたので、その経緯や使ってみた感想を書いていきたいと思います。

サトツ
特に予算2~3万円のビデオカメラを探している方にご参考になるのではないかと思います。

子供の運動会だ!スポーツの試合だ!と子供のイベントにあわせてビデオカメラの購入を検討する方も多いのではないのでしょうか。

実は私もその1人でして、今回パナソニックの HCV-360MSを購入しました。

まず少し購入に至った経緯をお話します。

何故PANASONIC  HCV-360MS を購入したか。

長距離が撮りたかった

昨年度まではケイくんも保育園。お遊戯会などは親と子供の舞台もわりと近くだったので、スマホの動画ですませていたのです。

しかしケイくんも小学校に入り、今度のイベント運動会の舞台は校庭。とてもスマホで撮影できる距離ではありませんでした。

なので、急遽ビデオカメラの購入を検討したわけです。

ケイくん
パパー!今度運動会だよ!
あらら、ビデオカメラの購入を検討せねば。。。(予算感は2~3万円)
サトツ

 

Amazonの売れ筋一覧を参考に

家電を買おう、思い立ったら私はすぐにAmazonの売れ筋ランキングを参考にしています。理由は簡単で口コミが豊富に読めるからです。

そこで、順位も良く口コミ評価も良かったのがこのPanasonic HC-V360MSだったのです。お値段2.5万円弱。私の予算感にもピッタリでした。

サトツ
PanasonicやSONYといった国産メーカーでも2~3万円。

その中から自身が納得できれば、OKですね!

 

Amazon ビデオカメラ 売れ筋ランキング

 

その他購入の際に考えていたこと

  • 別に4K動画ではなくてよい。(一昔前のFullHD、2Kで十分満足)

  • とりあえず遠くをそれなりの画質で取れればよい。

  • 本体容量は別に多くなくてよい(SDカードで増やせるので)

  • 充電は充電器でなく、本体にmicroUSBが挿せると嬉しい。(充電器は無くしやすいし、本体直だとモバイルバッテリーから充電できるため)

 

続いて、基本データです。

HC-V360MS基本データ

簡単に主だったスペックを紹介します。

  • 内臓メモリ 16GB
  • 高倍率iAズーム90倍
  • 約213g
  • 「傾き補正」と「5軸ハイブリッド手ブレ補正」で傾き・手ブレを大幅に低減

 

まぁ、値段なりには今の消費者ニーズをとらえつつ、断捨離しつつ良い箇所は残している、という感じでしょうか。

 

レビュー、開封の儀

 

開けてみてまず感じたことは、『なんと小さいこと!』ということです。

約200gなんて、例えていうならカップ焼きそばくらいの重さなんでしょうか。

その小ささに驚きました。

操作感は?

操作感は、、といいつつ初めてのビデオカメラなので比較レビューかのようには語れないのですが、電源onにして、狙いを定めてスタートするだけです。

何も難しいことはありません。

 

実際の画質は?

さて、運動会当日。実際の動画の画質の話です。

ズームはどれくらい?

こちらズームしますと、そうですね、50m、100mくらいは離れていても問題なくとることが出来ました。離れた場所から、子供の徒競走なども撮影することが出来ました。

一般的なスポーツ大会や運動会といったフィールドでは十分に感じました。

 

ただ、ズームにした時はブレがすごいので、かっちり手を固める必要がありますね。(この辺はどんな機種でも必要だと思います。)

 

画質は?

画質はFullHDという感じで、4Kなどの相当なこだわりがなければ十分なように感じました。我が家は家に帰って、当日の開会式~徒競走、応援合戦の様子など見直しました。

再度運動会当日の空気が甦ったようで家族みんなで楽しめました。

 

以上、Panasonic HC-V360MSの商品紹介レビューでした。

 

もう一つだけ、迷った機種を SONY HDR-CX470

Amazonのビデオカメラ売れ筋を見ていて、比較していて迷った機種があったので簡単にそちらについても触れておきます。

それは、SONY HDR-CX470です。

理由は、

  • 約2.5万円と価格が同程度
  • 同じ信頼の日本メーカー
  • こちらもランキング上位で、星4つ 以上
    (ただし、Panaが票数100以上に対し、SONYは票数50以下でした)

という、同じようなレベル感でした。

迷ってPanaに決めたポイントだけお話します。気になったのは、次のレビューでした。

 

非タッチパネル

これまでパナソニックのHDC-TM70を使っていてこちらに乗り換え。

ランクを下げた形になります。 カメラを手に持つと非常に軽く感じました。

反面、おもちゃっぽくも感じました。 液晶画面が非タッチパネル(知らずに購入)で、これまでタッチパネルに慣れていたので扱いにくさが出ました

液晶画面左上のスティックで操作しますが、選択カーソルは必ず左上のMENUアイコンから始まるので、 そこから画面下部のアイコンへ移動するのに面倒さを感じました。

室内での撮影ではパナHDC-TM70より綺麗な映像でした。 記録メディアは内蔵メモリの他、マイクロSD(SDHC,SDXCも)、メモリースティックマイクロに対応。

参照:SONY HDR-CX470のAmazon口コミ

 

サトツ
えぇっ、タッチパネル画面じゃないの!?

 

マスト要件としてあげていたわけではないのですが、口コミなんかをよく読むとついつい欲も出てしまうものです。

どうせなら、タッチパネルがいいなー、ということで私はタイトルのPanasonic HC-V360MSにしました。

 

 

さいごに

ビデオカメラを始めて購入してみたのですが、

  • こんなに安くなっているとは、
  • また安い機種でも遠距離がとれたり、
  • 小型が進んでいたり、
  • さらには画質も想像以上にキレイで、

とビックリづくしでした。

せっかく購入したので、今後家族の旅行なども動画におさめてみたいな、と思いました。

 

同じような価格帯のビデオカメラを探しているお父さん・お母さんたちのご参考になれば幸いです。

それでは。

 

購入したのはこちら

 

迷ったSONYの機種はこちら

-子育てハック

Copyright© 大手の人事 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.